Wi-Fi認定で一気に広まった無線LAN

無線LAN親機、ルーターと無線LAN子機、パソコンなどが上手く接続できない、そこに互換性の問題があると知った関係者たちは一つの規格を作ります。それがWi-Fiです。
アメリカのWi-Fi Allianceという業界団体が国際標準規格となっていたIEEE802.11という規格を使用した無線LAN親機に関して、デバイス間の相互接続が可能ですということを認定した機器に、Wi-Fiというマーク、言葉を乗せて認定を明らかにしたのです。

つまり、今まで同じメーカーでも互換性がなく利用できなかった親機に、互換性があるものの証拠としてWi-Fiという言葉、ロゴなどを利用し消費者に広く知られるようにしたのです。
Wi-Fiという規格ができたことで、こうした分野にまったく疎い人でも、問題なく親機を購入し、説明書をみながら接続設定を行うということが容易にできるようになったのです。

これは非常に画期的なことで、あまりにもこの互換性を認定するWi-Fiという名称が一気に広まったことで、今では無線LANルーターイコールWi-Fi、無線LAN接続イコールWi-Fi、公衆無線LANイコールフリーWi-Fiスポットと認識されています。

Wi-Fiという規格が登場し、それ以降、無線LANルーターの機能は格段に進化を遂げ、今ではAOSSという機能を利用し、プッシュボタン一つで簡単無線LAN設定が可能となっています。

無線LANの歴史とWi-Fi

私たちはかなり昔に、無線LANという言葉を耳にしてきています。でも無線LANが一気に自宅やオフィスで利用されるようになったのは、近年です。
なぜこのタイムラグが発生したのかというと、そこに、互換性という問題が色濃く関係してくるのです。

無線LANが利用できるようになったというニュースは大きく全国に広がり、無線LANの子機が発売されてから多くの企業がケーブルレスのオフィスにできる、ぐちゃぐちゃの配線をすっきりできるといずれも早く無線LAN化しようと試みたのです。
社内にこうしたLAN構築に関して知識を持っているものがいればその人に、そういう知識がある人が全くいないという企業などは外部に発注し、こぞって無線LANにしようとしました。しかしそれができなかったのです。

なぜできなかったのかというと、無線LAN親機と無線LAN子機内蔵もしくは外付けのパソコンなどを接続し、設定も接続もまったく間違っていないのに、インターネットがつながらなかったのです。なにも失敗なく、何も問題ないのに・・です。
実は無線LANが登場した当初、無線LAN親機に互換性というものが考えられていなかったのです。そのため、無線LAN親機、つまりルーターを購入し接続設定しても互換性がないから繋がらないという状態になってしまっていたのです。

同じメーカーでもシリーズが違うと接続できないというし、ほかにも細かく設定があるだし、これは面倒だ・・・もう有線に戻そうということになってしまいました。
ここで無線LANの普及に努めてきた関係者は焦ります。思うように無線LAN化が進まないからです。そこで登場したのがWi-Fiです。

無線LAN、Wi-Fi?

Wi-Fiと無線LAN機器は同じもの、商品名?と思っている人もいますが、あっているようであっていない、商品名ではありませんが、無線LANとWi-Fiが同じものという認識はあっている・・・非常に迷う回答となります。

確かに無線LANはWi-Fiのことですし、Wi-Fiは無線LANのことといっていいのです。ただ厳密にいうとWi-Fiは、無線LANの一つの規格で、IEEE802.11という規格を使用した親機、子機などデバイスが相互接続できるということを認定している名称なのです。

つまり、Wi-Fiとは無線LANの親機がIEEE802.11という規格であり、なおかつIEEE802.11という規格が同じであればどの子機とも互換性を持っていますと認定した規格、という意味です。
日本では無線LANの接続そのものをWi-Fiと表すこともありますし、無線LAN機器をWi-Fiルーターということもあります。

携帯電話会社やプロバイダなどの説明を見ても、Wi-Fiとは無線LANに接続する技術だとか、無線LANのルーターだとか様々な説明がされています。明確に言えばアメリカの規格認定の名称だけれども、現代日本では、無線LANの接続そのものをさしたり、無線LANの機器を指すなどいろいろな意味を持っているということです。

しかしなぜ、無線LANの親機をIEEE802.11であればどんな子機とも互換性があると認定する必要があったのでしょうか。そこには深いわけがありました。

無線LANが登場してから

無線LANが登場してからというもの、オフィスや自宅でもストレスなくインターネットを利用できるようになり、インターネットの活用方法が大きく広がりました。
今までLANケーブルがつながっている所しかインターネットを利用できなかったのに、今はLANケーブルがつながっていないところでも自由にインターネットを利用できるのですから、キッチンでレシピをみたり、リビングで通販サイトを見るなど、家族みんながそれぞれ活用しています。

Wi-Fiという環境はオフィスの環境にも影響を与えました。
今まで従業員は自分のデスクがありそこでパソコンなど利用して作業するということが当たり前で、デスクトップパソコンの利用が多かったのですが、今はWi-Fiという環境ができて、オフィス内電波が届くところならどこでもパソコンなどで作業ができるようになりました。つまり、自分のデスクにいなくても、外出先でもインターネットの利用ができるのです。

外部リンク…外出先でのネットが快適になるポケットwifiの比較をしている「モバイルWi-Fi最安リサーチ!」

そのため、オフィスはとても自由な空間となり、窓際にカウンターと椅子が並び、そこで作業する人もいれば、大きなテーブルでディスカッションしながらパソコンを開く人たちもいます。オフィスの環境が大きく変わったことで、従業員のストレスもだいぶ軽減されたのではないかと感じます。

しかし無線LANがこうして自宅、オフィス、また外出先で利用できるようになるまでには、一筋縄ではいかない状況があったのです。
当サイトは無線LANとWi-Fiの違いを説明するとともに、無線LANがこうして世界中で利用されるようになった背景をお伝えします。皆様の知識としてくだされば幸いです。