無線LANが登場してから

無線LANが登場してからというもの、オフィスや自宅でもストレスなくインターネットを利用できるようになり、インターネットの活用方法が大きく広がりました。

今までLANケーブルがつながっている所しかインターネットを利用できなかったのに、Wi-Fiがあればどこでも自由にインターネットを利用できるのですから、キッチンでレシピをみたり、リビングで通販サイトを見るなど、家族みんながそれぞれ活用しています

Wi-Fiという環境はオフィスの環境にも影響を与えました。
今まで従業員は自分のデスクがありそこでパソコンなど利用して作業するということが当たり前で、デスクトップパソコンの利用が多かったのですが、今はWi-Fiという環境ができて、オフィス内電波が届くところならどこでもパソコンなどで作業ができるようになりました。つまり、自分のデスクにいなくても、外出先でもインターネットの利用ができるのです。

そのため、オフィスはとても自由な空間となり、窓際にカウンターと椅子が並び、そこで作業する人もいれば、大きなテーブルでディスカッションしながらパソコンを開く人たちもいます。オフィスの環境が大きく変わったことで、従業員のストレスもだいぶ軽減されたのではないかと感じます。

しかし無線LANがこうして自宅、オフィス、また外出先で利用できるようになるまでには、一筋縄ではいかない状況があったのです。
当サイトは無線LANとWi-Fiの違いを説明するとともに、無線LANがこうして世界中で利用されるようになった背景をお伝えします。皆様の知識としてくだされば幸いです。